人生とは悩ましいもの、セカンドトップノートへ向けて

※本当に生きるって悩ましい。



※ああそうか…、私もちょっと変わらないといけないんだね、私のことが子にうつり、だから…。
私が真ん中のつもりだったけど、私から変わればうまくいくんだね、注文や気持ちの伝達だけでなく、うまくいく流れをつくるには私こそ気をつけないといけないんだね。態度からか。外ではできているつもりでも、中ではこれがなかなかできないものだ、家族って難しい、反省しなきゃなあ。

でも、子供は早かれ遅かれ、いつか親離れするものだ。どんなに一方的に愛そうとしても、意識の重点は変わるものだ。その覚悟を少しずつしていく努力もしなければならないのだよね。
その後を考えるのがこわいなあ。
トップノートだけの結婚や家族なんてないんだもんね、そりゃそうか。あとはどんな変化なのか、だよなあ。香りが混ざりあった後の。


※こんなことばっか書き始まったから、枠がちいさくて見えにくく実はあそこに多く書くのはめんどくさいので開けます。ごめん。



※とにかく悩ましい、この言葉ひとことあれば足りるほど悩ましい。思い出せば私は幼い頃からしつこいほど悩ましい人間だったから、これからもきっと悩ましいんだろうな。その悩ましさから抜けて見える人にもおそらく悩ましいことはあるのだろう。
私にとって生きるとは、とにかく悩ましいことだ。

※これからどうなるんだかなあ。人生悩みがつきません。全く違う人と日々を過ごして、悩みがないことなんてあるわけないよ。
ないといえば嘘になるでしょう。
悩みができた、ということは、成長の機会でもあるのだろうね、それを見守るほうも、真ん中としての成長があるわけで。
いつまでたっても悩ましい。
人生とは悩ましいものだ。


※おい誰や?こんな間もいいって、こんな間ばっかりやん、て言ったのは!おしりペソペソするからここに並びなさい!

_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○

🤦‍♂減らないなあ…。むしろ増えた…?🤦‍♂

正直でよろしい!👏

🤦‍♂🤦‍♂🤦‍♂


※細かく言えば、私の中では細かい炭酸の泡が弾けるみたいな、小さなトップノートみたいなことは何度も何度もある。奮い立たせる、自分を。でも、そうしなくても自然となったりもする。
あの夜、ひとりで六芒星を見つけた時だけ、飲まず食わずの時期にいきなり強炭酸水を流し込んだみたいな衝撃があったけど、そのおかげか、血がしゅわしゅわして、からだじゅうでパチパチとして、消えてもまた泡立つような、そんな不思議の中に生きてる。
気の抜けた炭酸水かと思いきや、また自然と湧いてくるのよ。なんでかしらね。

※たぶんラストのラストノートは私の体温の上にあまく香るでしょう。おちつくあまい香りだよ。きっとそうなる、さいごにはあまくなる。
だいたい私は体温が高めなのでさいごはいつもまるくふかくあまく香るから。


※私の私の部分はどうでもいいとして、人間関係を香水のノートにたとえるのはなかなかいいなあ。私たちはまだ現実にはきちんと出逢えていないので、人類史上初の同じ香水の中の二度目のトップノートという画期的な香水をすでにまとっているはずなのよね。
きっと。
つけなおさなくても、あなたと私の肌の上でパッと空気が変わり、果汁が舌の上にひとしずく落ちて口の中いっぱいにすっぱさとほんのりとしたにがみとさわやかで華やかな香りが、まるで一斉に緑が芽吹き始めるかのように一気にひろがる時が、まだこの先にきっと、待ってるんだわ。
そんなたのしみもあるはずなんだから、こんな間もなかなかいいわよね。
そんな夢みたいな香水の中に、もう今、実はいるのよね。
二度目のトップノートがいつくるのかは知らないけれど、そんな飽きない香りのように、冴えない今という時を探っていたいな。



※私にも色々複雑な思いあるの。
かわいそうと愛と好き、人として家族として夫として男として、うーん、ぜんぶぜんぶなんて、あるのかなあ。
数年の話でなく、人生の先輩にさあ、聞いてまわりたいなあ。
人と人との関係、これも香水のトップノート、ミドルノート、ラストノートみたいなものかなあ。
わからないや。





🚪💭ピピピ、ピピピ、ピピピピピピピ
ピピピ、ピピピ、ピピピピピピピ
🥁………ピ


男の子もそうなんかな、知らんけど、女の子はあっという間に成長しちゃうから、悪いことは言わん、とくにお父さんよ、たくさん遊んでくれるうちに、お子さんとたっぷり思い残すことなく遊んどき。
後回しにしたらいかんことがある。
時は戻らないから。
後から愛そうと思っても、なかなか難しいこともあるから。スキンシップはとくにな。
それでも、間に合わないことはないけど、大きく大きく、触れられなくても抱きしめてあげる、受けとめてあげることなんでしょうね。私もそうさ。
がんばれ、みんな。
がんばれ、私。

男の人ってよくわからん。プライドあるだろし、どう声かけたらいいか、よくわからん。とりあえず、落ち込む時もあるけれど、こんな時を受けとめるしかないってことさ。
あー、色々凹むわー。公私共々まじで凹むわー。
なんとかなるかな、なんとか、あかるくなくていいから、なんか空気、空気おだやかになれたら、なれたらなあ。
家族って、たまになんか、きもちわるい。
めんどくさいし、ぜんぶ気持ちわるい。
家族になっといてなんだけど、ものすごく気持ち悪い時がある。
ふと、なんなのこれ、っておもう。
家族ってわからない。よく知ってるのに、よく知ってるから?
私のトゲトゲの先っぽをわざわざ刺激してくる。
家族っていうもの。気持ち悪い。
家族っていうもの。たまにあたたかい。
家族っていうもの。たまにざんこく。

よくわからない。なんにもわからない。
わからないなあ。
わからない。